届け!たくさんの想い大切な人たちへ

凌さん 遥さん
at ヴェールノアール

演出の一つひとつにしっかり「意味」と「想い」を込めて

新郎新婦と家族の涙の対面式

ダーズンローズでゲストとの距離も近づく

新郎が「あの」テニス選手になりきりフランベ演出

男性にはブーケの変わりにテニスボール!?

ゆっくりと見つけた私たちの『理想のかたち』

結婚式場を決める、一番のポイントはスタッフさんたちの笑顔!今でも、ここ以上に私たちに合う式場は無いと断言できるほど、ヴェールノアールは全てが私たちにとって理想の場所でした。

準備期間は約9か月間。担当ウエディングプランナーさんとゆっくりと打合せを進めていけたおかげで、少しずつ私たちの『理想のかたち』を見つけていくことができました。何度も悩んだり、当初の予定から変更をしたりとわがままを言ってしまいましたが、柔軟に対応してくれたスタッフのみなさんには本当に感謝です。あと、自然の中でのロケーション撮影を希望していた私たちの望み通り、海辺で最高の写真をたくさん残すことが出来ました。「やらなかったら絶対に後悔します!」という堀江さんの言葉通り、本当にやってよかったです!

結婚式で行う一つひとつにしっかり意味をこめたおかげで、私たちの想いをしっかりとゲストに伝えることが出来たように思います。私たちも、両親も、ゲストも。会場のみんなが『たくさん笑って、たくさん泣ける』式になりました。結婚式までの準備期間でさえも私たちにとって大切な思い出です。

担当ウエディングプランナーより

「めっちゃ笑ってめっちゃ泣きたい」そんなおふたりの希望を聞いた時から、私たちブラスが目指す"笑いと涙の結婚式"がぴったりなおふたりだと運命を感じていました。結婚式は"大切な人たちにたくさんの想いを届ける場"だと語ってくださったおふたり。一つひとつの演出ごとに、おふたりがその時にゲストへ届けたい「想い」を確認しながら、結婚式の進行を丁寧に考え抜いていきました。笑いの部分には、趣味のテニスを使った楽しい演出をたくさん盛り込み、涙の部分にはご家族との対面式や、ダーズンローズの儀式をご提案。結婚式当日、新郎新婦やゲストが笑って泣いている姿を見ることができて、私たちスタッフも「めっちゃ笑ってめっちゃ泣いて」しまう一日になりました。

担当プランナー 堀江

REAL STORYへ戻る